ニキビの原因まとめ

ニキビができてしまう原因は人によって違うので、代表的な原因についていくつかご紹介します。 自分がその中でどれに該当するのかチェックしてみましょう。

まず、メイクやスキンケアが原因でニキビができてしまっている方も多いです。 メイクをしたとしても肌に負担の少ないものを使い、その日のうちにしっかり落として眠ればそれほど大きな影響はありません。 スキンケアについても自分の肌に合った商品を使って適切なケアをすれば肌質はどんどん良くなるでしょう。

次に食べ物が原因になっていることも多いです。 ニキビができてしまうと「薬を塗らなければ」、「病院に行かなければ」ということを考える方も多いですが、食生活の改善まで考える方は少ないといえるでしょう。

ですが、ニキビを改善するためには体の内側から対策を取っていくことも重要であるため、ニキビに悪いとされる脂っこいものや甘いもの、添加物が少ないもの中心に食べるように心がけると良いですね。

それから、寝不足が原因でニキビができてしまう方も多いです。 寝不足は生活習慣の乱れにもつながりますよね。 生活習慣を整えたところ、それだけでニキビが治ったという方も珍しくありません。

睡眠というのは体や心を休めるだけでなく、ストレスを発散するのにも役立つため、睡眠不足になってしまうとニキビができやすくなったりなかなか治らない状態になってしまいます。

寝不足はお肌の敵とも言われますが、これは本当のことなので睡眠不足を感じている方は改善しましょう。

タバコを吸っている方も、タバコをやめたところニキビができなくなったというケースがあります。 タバコに含まれるニコチンには毛細血管を収縮させる働きがあるのですが、これにより血流が少なくなってしまい、肌の代謝機能が衰えてしまうのです。

また、紫外線もニキビにとって良いものではありません。 紫外線を浴びた肌は角質層が厚くなってしまうのですが、これが毛穴の詰まりに繋がり、ニキビになってしまうこともあります。

このように様々な原因が考えられるため、まずは生活習慣を見直すことから始めると良いですね。

ページの先頭へ