ニキビ跡を治す、医者編

大人ニキビそのものは治ったのだけど、ニキビ跡が消えない。 ニキビケアの化粧水など色々試してみたけど、なかなか効果が出ないので、いっそのこと 皮膚科(美容外科)でニキビ跡を消そう!

こう考える女性もいらっしゃると思います。そこで今回の話は、ニキビ跡の治療・医者編です。

確かに、皮膚科や美容外科に行けば、一般では市販されてないような外用薬を使ったり、 レーザー治療などの医療行為でニキビ跡を除去することができます。 その効果は、いわゆるニキビケア化粧水を使うのに較べれば、ずっと効果が大きいでしょう。

ただし、色んな問題・リスクがそこには潜んでいます。 まず単純にお金の話です。皮膚科医や美容外科医のニキビ治療は、診療費用が高額に なることがよくあります。

例えば、風邪で病院に行って先生に診てもらいお薬をもらうと、診療費と薬代を取られます。 この場合の費用は、診療報酬の全額ではなくそのうちの3割負担です。なぜ3割の負担で 済むかと言えば、風邪の診察などの医療行為が保険対象だからです。

ところが、レーザー治療など保険対象外の医療行為を行うと、その先生からの 診療全てが保険の対象から外れてしまうのです。

例えば、1~2回レーザー治療を受けて、あとを保険のきく塗り薬・飲み薬で済ませた としても、その先生の診療に掛かった、塗り薬・飲み薬・診療代などすべてをひっくるめて、 3割ではなく全額負担になります。

これでは、こちらが負担する費用が跳ね上がるのも当然の話です。 これで、ニキビ跡が短期間で完全にキレイに治るというのなら納得できる話ですが、 そう単純な話ではありません。 実は、ニキビ跡の治療は副作用の影響が大きいものが少なくないのです。

まずレーザー治療です。レーザー治療は皮膚表面のニキビ跡を直接削る行為で、 確かに効果があります。 しかし、当然削った部分は擦り傷になりますから、顔全体にニキビ跡がある場合は 顔中にガーゼを貼ることになります(1週間程度でしょうか)。

更に傷が治った後も、削った部分が何かの拍子で赤くなりやすいため、カラダが 少し温まっただけでニキビ跡の部分(治った箇所)が赤くなって目立ってしまうケースがあります。

もちろん、シミ(色素沈着)ができる副作用もあります。程度にもよりますが、 シミを消すことはもちろん可能です。ただし、その間費用や時間は掛かりますし、 シミが濃いとメイクで隠すのも難しくなります。

ページの先頭へ